排水不良事例 ケース7

これは逆勾配の案件です。
アナハイム社のディスポーザーですが、アナハイム社の3/4馬力ディスポーザーはビックボディの為に排出エルボ(写真の裏側)の位置が排水口から距離がややあります。
写真のように配水管の立ち上げ位置が壁から出て高い位置にあるために勾配がとれていません。
またSトラップが使用されておらず排水ホースが急カーブで長く垂れている為に、必要な流速を得られていません。
壁の内側からの配管組み直しが必要ですが、数年大丈夫だったのでこのまま様子を見るという結論に至りました。