水漏れ事例~本体排出エルボー~ ケース2

排出エルボーと本体付根のゴムパッキンを見てください。破損しています。
ここはステンレスバンドを止めている箇所です。
防振の為に排出エルボと本体が固定されてないタイプのディスポーザーです。
原因はSトラップと排出エルボを接続するときに不自然な位置関係を無理やり力を加えて接続した為に、ゴムパッキン左側に過剰の圧力が加わり写真左のように破損したようです。

設置後1年程度でこの箇所より水漏れが発生。
これはゴムパッキンの交換とSトラップの調整で終了です。
標準装備マンションですが適正な設置をすれば未然に防げた案件です。