可変式を採用

真中の回転ナットを軸にほぼ300度程度の向きを自由自在に変更ができます。このためにシンク内にPトラップをたたんでコンパクトに納める事もできあらゆるシンクに対応可能です。