連続式とバッチ式はどちらがいいの?

連続式とバッチ式はどちらがいいの?
一般的なディスポーザーは連続投入方式になります。
使い慣れているユーザーは連続で生ゴミを投入処理できる操作性から圧倒的に連続投入方式を選択します。
それに対しバッチ式(蓋スイッチ式)はディスポーザーは危険では?という初心者の質問に対し蓋をしないとスイッチが入らないバッチ式では運転中に処理室に手が入らない安全性を簡単に説明できることから、お役所の意向もあり標準装備マンションで多く採用されました。
連続投入方式も安全規格がありますのでどちらが安全という事は特にありません。
実態としてのバッチ式の一番のメリットは手元にスイッチを設備する必要がないので工事業者側としては工程が短縮されます。

連続投入方式

連続投入方式
メリット

連続で生ゴミを投入処理でき本来のディスポーザーの利便性を得られるスタンダード。

デメリット

特になし。

 

バッチ式(蓋スイッチ式)

バッチ式(蓋スイッチ式)
メリット

手元にディスポーザー用スイッチを設備する必要が無い為に設置業者は作業工程が減ります。特に後付けの場合は連続式に比べて配線がきれいになります。

運転中は処理室に手が入らないという安心感があります。

デメリット

連続で生ゴミを処理する事ができない。

一度に大量の生ゴミを処理できない。

スイッチを入れる際に手が濡れる。

 

バッチ式のポイント

一般的なバッチ式ディスポーザー(MAX、パナソニック、テラル、TOTO、安永、ISE製品等)はマイコン制御ユニットのマグネット・センサーで操作性が良く高齢者でも簡単操作です。
それに対し旧型プル方ユニットのアナハイム社ディスポーザーはバッチ専用設計でない為、スイッチ位置を合わせるのがマグネット・センサー式に比べると大変でいかにも大雑把なアメリカらしい仕上がりになっています。

結論

はじめて使用する方や連続式をすでにご使用の方は連続投入方式が断然お勧めです。標準装備マンションでバッチ式をすでに使用の場合は配線の関係もありますので使い慣れたバッチ式をお勧めします。