ディスポーザーが詰まった等、排水不良が発生しましたら、下記手順を参考に作業を行ってください。

詰まり解除01
まずシンクに水を3cm~5cm程溜めます。
(オーバーフロー等で配管の空気が抜けてしまう場合は、ガムテープ等でふさいで密閉してください。)

ディスポーザーの詰まり解除2
水が溜まりましたら、市販の真空ポンプを空気が入らないように斜めに排水口に挿入し、塞ぎます。

ディスポーザーの詰まり解除3
排水口を塞ぎましたら真空ポンプを吸引しながら、真上に一気に引き抜きます。

ディスポーザーの詰まり解除4
あとは解除されるまで小刻みに「3」を連続して行います。
「水を引き抜く、吸引する」という感覚で作業するのがコツです。

ディスポーザーの詰まり解除5
最後にシンクに水をはって、一気に水を流してください。
水圧で異物を押し流し、洗浄させます。

※ディスポーザーを詰まらせないようにするためにお守りください※

ディスポーザーが詰まった等、排水不良が発生しましたら、下記手順を参考に作業を行ってください。

処理できないものは流さないようにしてください。
ディスポーザーは多種多様なモデルが流通しています。
製品の種類によって処理できる生ゴミは異なりますので、ディスポーザー購入時に付属されていた説明書をよく読んでご利用ください。
※枝豆など繊維質が強い食品はどの機種も排水不良を起こす可能性があります。
処理しにくいものは処理するのに通常より時間を要します。注意して他の生ゴミと混ぜて処理してください。

なお、当ディスポーザーメンテナンスが取り扱っております製品の処理できる・できないもの、そして処理しにくいものにつきましては 各ディスポーザー製品詳細ページをご参照ください。

生ゴミ以外のものは流さないようにしてください。
紙(ティッシュ等)やタバコのフィルターを継続的に流すと厄介な排水不良の原因になります。
配管で詰まると高圧洗浄車を手配しないといけません。このような場合はメンテナンス費用も高く付きますので生ゴミ以外のものはディスポーザーで処理しないようにしてください。

施工はプロにお任せください
ディスポーザー用の部材で施工をしてください。一般排水用部材は詰まりの原因になります。

処理室内部に生ゴミを溜め込まないようにしてください。
ディスポーザー処理室内部には生ゴミを溜め込まないように、生ゴミはその都度処理するようにしてください。耐久性に影響を与えたり噛み込みの原因にもなります。
*ディスポーザーメンテナンスでは溜め込みをされても噛み込みが発生しないようにトルクの高い製品を選択して掲載しています。
※特にバッチ(一括処理)式をご使用の方は処理室に生ゴミをためないようにしてください。(三角コーナー代わりのご利用は避けてください。)

ご自身での作業にご不安があるという方や上記手順をやっても解消されなかった方等はご遠慮なく、ディスポーザーメンテナンスまでご連絡ください。